市民とともに最幸の川崎をつくる会 川崎市長 福田のりひこのオフィシャルサイト

TOP > 活動ブログ

活動ブログ

6分17秒のマジック

2015年7月22日   川崎市長

『ミッション・インポッシブル』の最新作で、主演のトム・クルーズが自ら6分以上息を止めての潜水スタントを演じていると聞きました。これはプロのインストラクターの指導の下で訓練した上での演技です。(皆さんは絶対にまねをしないでください。)普通の人なら、1分も息を止めていられないでしょう。いくら訓練をしたからと言っても6分とはびっくりです。さすが不可能なミッションを可能にしてしまうトム・クルーズです。

実は、最近、川崎市内でも「6分」を超える、ちょっと驚きの記録が生まれたのです。これは「緊急渋滞対策」の成果です。
私は、マニフェストに「交通問題は地域経済の柱、市民生活の足。」を掲げ、具体的には「市内の幹線道路の脆弱さは大きな経済損失です。早急な交差点改良で渋滞を緩和します。」との政策を約束しています。

そこで、「緊急渋滞対策」として5箇所の交差点を対象として改良を進めてきました。そのうちの2箇所で整備が完了し、効果が出始めています。それは「溝口交差点」と「宿河原1丁目交差点」です。先日、「溝口交差点」で、改良の効果を実際に見てきました。「溝口交差点」での改良効果は、最大通過時間が改良前11分2秒だったところが、4分45秒となり、実に6分17秒の改善が生まれています。

さらに、この改良はハードの改善によるのではなく、ソフトな改善によって実現されたのです。それは、これまで左折しようとする車が横断する歩行者の列によって妨げられていたのですが、信号機のタイミングをずらすことによって、左折がスムーズにできるようになったのです。

「えっ?たったそれだけ?」と思われるかもしれませんが、事実なのです。要するに、ハード整備等にかけた費用は最小限で、6分17秒の改善を生み出したということです。これは「ミッション・インポッシブル」を可能にした「川崎マジック」と言ってもいいかもしれませんね。「宿河原1丁目交差点」では、右折レーンを延長することによって、実に7分20秒もの短縮が実現しています。

こうした改良によって、間違いなく経済的なメリットが生み出されているでしょうし、何よりも、ドライバーの皆さんの精神的なストレスの改善につながっているものと思います。

どうぞ、この二つの交差点の「マジック」を体感してみてください。

 

DSC02831.jpg
 

DSC02837.jpg

1300年のロマン

2015年6月25日   川崎市長

日本の歴史で、645年といえば「大化の改新」、それに続いて701年には「大宝律令の完成」です。これらは、古代において中央(都)から地方へと連なる国家の形が整った歴史的なエポックです。

その頃の地方組織が、国、郡、里(郷)です。古代の川崎のエリアは、武蔵の国の「橘樹郡(たちばなぐん)」と重なります。その郡の役所を、「郡衙(ぐんが)」といいます。

 川崎市のほぼ中央に位置する高津区千年・野川に、この「橘樹郡衙遺跡」があります。さらに近くにある「影向寺(ようごうじ)遺跡」、周辺の遺跡を含めて「橘樹官衙遺跡群」と呼んでいます。

この「橘樹官衙遺跡群」が今年3月に、国指定史跡として正式に指定されました。

昔の役所の史跡の何がすごいのか、と思う人もいるかもしれません。ところが、その当時の郡役所は豪壮な建物であったと思われます。さらに、その周辺には「正倉」と呼ばれる高床式の倉庫群や役人の館などが建ち並んでいたのです。影向寺には聳え立つ塔があったと推測されます。周辺の一般の住民たちは、竪穴式の掘っ立て小屋のような住居に住んでいた頃です。その頃、「官衙」の建物群は、現在のスカイツリーや超高層ビル群以上にきらびやかに映ったことでしょう。そこで働く役人達も瀟洒な衣装をまとった貴人と映ったのかもしれません。富と権力の象徴ともいえる建造物群は、時には、住民たちを敵から守ってくれる砦の役割も果たしていたことでしょう。

「官衙」には、農民たちから税として、米や特産品が集められ、遠い奈良の都に向けて送り届けられたといいます。おそらく人々は都の壮麗な宮殿や天皇や貴族などと、この官衙を二重写しに見ていたのでしょう。つまり、最新の文化が行き交うまちの拠点でもあったのだと思います。

川崎の歴史というと、日本の産業発展を支えた近代史に目が向きがちですが、実は、1300年もの古代からの歴史が今に伝えられているのです。

今回の国史跡指定を契機に、さらに発掘調査や遺跡の展示なども進めていくことになります。現在は、遺跡は広場や住宅地の下に眠っている状態ですが、その場に行って、想像力をたくましくして、1300年のロマンに思いをはせてみてはどうでしょうか。近くの影向寺や野川神社などを一回りしても1時間程度のちょうどよい散策コースです。

DSC07065.jpg

DSC07067.jpg

電気自動車(EV)の開発を手掛ける川崎生まれのベンチャー企業、「日本エレクトライク」が新規参入メーカーとして国から型式認定を取得しました。車は1人乗りの三輪EV(電気自動車)で、ちょっと懐かしい形状。今回の型式認定取得によって、量産・市販が可能となったのです。

なんと、新規参入メーカーの型式取得は、19年前の「光岡自動車」以来だそうです。この快挙を成し遂げた松浪登社長(写真左側)は元自動車レーサーで、車づくりへの情熱がハンパではありません。川崎商工会議所(写真右:山田会頭)と市が認定する「かわさきものづくりブランド」であるエレクトライクがこれから国内、海外で走り回るのを期待しています。

記者発表を市役所正面玄関で行ったのですが、いまだかつてないほどの幅広い分野のマスコミが取材に来ていて、期待の高さを感じました。

 

10423778_661061707330532_2728588851332827468_n.jpg



 

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11 
川崎市長選挙

川崎を日本一にする男 福田のりひこ

2003年神奈川県議会に最年少議員として初当選。2007年2期目当選。税、医療・福祉、教育、環境などの分野を中心に各常任委員会、特別委員会の委員を務める。議会外では、全国の知事、市長、地方議員でつくる、政策提案や実績を競う「マニフェスト大賞」の08年度、09年度の実行委員長として奮闘。その後、神奈川県知事秘書、早稲田大学マニフェスト研究所客員研究員を経て、2013年川崎市長選で初当選し、2013年11月19日川崎市長に就任。川崎を最幸のまちにするべく市長として奮闘中!

 

川崎最幸ちゃんねる

 
活動ブログ
ご意見募集!!福耳ポスト
more info