市民とともに最幸の川崎をつくる会 川崎市長 福田のりひこのオフィシャルサイト

TOP > 活動ブログ

活動ブログ

9月1日は防災の日でした。大正12年9月1日は、関東大震災発生の日です。川崎市の歴史は、この震災からの復興とともに始まったのでした。また、かつての川崎の歴史には、度重なる多摩川の氾濫との闘いの歴史も刻まれています。

140905_01.jpg

今年の夏は、特に、局地的な豪雨が各地で相次ぎ、8月19日から20日にかけての大雨によって広島では大規模な土砂災害等が発生し、多くの死者、行方不明者など大きな被害を蒙りました。亡くなられた方のご冥福と、被災者の皆さんの一日も早い復旧・復興を祈念してやみません。
 
ここ数年は、50年、100年に一度といわれるような自然災害がたびたび起きるようになってきているように思います。大雨についても、局所的で猛烈な雨が降り、「ゲリラ豪雨」と呼ばれてきています。しかし、広島の土砂災害、土石流の映像を見ていて、ゲリラどころではなく、それこそ怪物が街を飲み込んだような錯覚を覚えました。まさに、「モンスター豪雨」と呼んだ方がイメージに合うように感じました。
 
日本が世界有数の自然災害の国であることは、皆さんも「知識」としてはご存知だと思います。地震発生による甚大な被害は、関東大震災、阪神・淡路大震災、東日本大震災で目の当たりにしてきています。将来に向けても、マグニチュード7クラスの首都直下地震の発生する確立は、30年以内に70%と予測されています。 
 
災害対策には、ハード整備など「公助」が必要であることはもちろんのことです。しかし、予測を超えて突然に、異様な勢いで襲ってくる災害に対しては、ハード整備をまっていたのでは、自分たちの生命を守ることはできないでしょう、今こそ、私たちの災害に対する「意識」と「行動」を変えなければなりません。

140905_02.jpg

東日本大震災の時、東北地方に伝わる「津波てんでんこ」という教訓のおかげで、津波から逃れることができたという話を聞いたことがあります。これは、大きな地震を感じたら津波が来るから、「てんでんこ=各自」でばらばらになっても高台に逃げて自分の生命を守るように、という先人からの教えだといいます。
 
もちろん、集団での組織的な避難が有効な場合もあります。
ここで強く言いたいのは、「各自が自分の生命を自分が守るのだ!」という意識への転換なのです。「誰かが指示をしてくれるだろう」「言われてから動けばいい」というような意識と行動では、昨今のような「モンスター災害」には太刀打ちできないということなのです。
 
災害に立ち向かう意識や行動に関しても、日頃からの「備え」が重要なことは変わりはありません。
ご自分の住んでいる地域の安全を確認してみてください。例えば、土砂災害の危険が予測されている地域には、「土砂災害ハザードマップ」を作成してあります。ホームページでも確認できますし、地図も差し上げています。この「ハザードマップ」には、警戒区域の指定状況だけでなく、避難に関する情報も盛り込んであります。分からないことは、市役所に問い合わせてみてください。
 
決して不安をあおるつもりはありませんが、地震も風水害なども、どこか遠いところの出来事とか、「喉もと過ぎれば」といった感覚を抱いている人が少ないことは事実です。
 
「災害は忘れた頃にやってくる!」、「モンスター災害が、明日、襲ってきても不思議はない!」と、市民の皆さんの生命を第一と思えばこそ、危機を訴えておきたいのです。

まちづくりには、中長期のビジョンや計画が大切です。市民が主役のまちづくりを進めるためには、「市民発の、市民による計画づくり」が必要だと、私は考えています。こうした発想から、市民の皆さんに未来の川崎を描いていただき、総合計画づくりを市民からスタートする試みが「川崎の未来を考える市民検討会」です。

 

140903_01.jpg

 

総合計画は、「行政計画」ですが、「社会計画」すなわち「まちの計画」という側面も持っています。10年後、30年後の「まちの将来」を、市民の皆さんに描いてもらいたい。そこで、出発点から市民が主役で計画づくりに参加する方式を工夫しようと考えたのです。
 
140903_02.jpg
 
この夏からスタートした「川崎の未来を考える市民検討会」では、無作為抽出した各区600人の市民の皆さんに呼びかけをしています。各回30人の皆さんに参加していただき、川崎の未来を自由に語っていただき、それを総合計画づくりに活かしていくのです。午前中から夕方までの長丁場ですが、「ワールド・カフェ」という最新の討論形式を採用したり、グループワークなども交えて、市民が中心になってまちの方向性を描いていきます。
 
この討論会は、現在の川崎の市民の実像を反映するように、無作為抽出によって呼びかけました。参加者は、職業はもとより、年齢も10代から80代までと多様です。まさに、川崎市民の縮図といえます。
 
私も、討論会やグループワークに参加しましたが、そこで驚いたのは、皆さんから多彩なアイデアや夢がどんどん提案されることです。参加者の皆さんは初めて顔を合わせたばかりなのに、まちの未来を実に熱心に語り合われるのです。
改めて、川崎市民の「意識」の高さ、まちへの「愛情」を実感しました。
 
市制90周年を迎えた川崎を創ってきたのは、多彩な市民のチャレンジ精神でした。これからの川崎のまちも、多様な市民の皆さんの夢と知恵が創っていくのだと思います。  
皆さん、どうぞ一緒にまちづくりにチャレンジしていきましょう。

平和を創る

2014年8月14日   川崎市長

今年の8月6日午前8時15分、私は市役所に向かう車の中で、黙祷を捧げました。広島に原爆が投下されて、今年で69年が経ちました。私自身はもちろん戦争を知らない世代です。ただ、両親は戦争中に生まれていますし、伯父が広島で被爆したものですから、原爆の恐ろしさは子ども頃から聞かされ、心に残っています。

 

140821_01.jpg

 

ところが、私の子どもたちになると、いよいよ全く戦争を知らない世代です。日本の中で、戦争の記憶が薄れ、消えかかっているのかもしれません。
 
世界各地で紛争や戦火が拡大しています。しかし、テレビ画面を通じて見る戦争のニュースは、どこか他人事でリアリティのないものとして映っているのではないでしょうか。この川崎にも空襲があり、日本が戦争をしていた事実すら、実感のないものになりつつあるように思うのです。
 
広島でも長崎でも、被爆体験者が少なくなり、ご自身の体験から原爆の恐ろしさや平和の尊さを語り継ぐ「語り部」の皆さんが減っています。
 
140821_02.jpg
 
先日、多摩図書館に立ち寄る機会がありました。そこで、7、8人の図書館ボランティアの皆さんが、イベントの準備をなさっている場面に出会いました。原爆や戦争、平和を描いた絵本なども含めて、200冊を超えるたくさんの本が用意されていました。ちょうどこれから、夏休みの子どもたちに「平和の本」の読み聞かせをするのだといいます。
 
また、会場には、迷彩色に塗られた市役所や川崎大空襲の写真も展示されていました。川崎市の歴史の多くは、この戦争からの復興と重なっています。それは、同時に、平和を創造し、世界の人々と共生していく社会づくりの歴史であったのです。
 
このようにして、子どもたちに、リアリティをもって、戦争の悲惨さを伝え、原爆の恐ろしさを知ってもらうこと。そして、戦争をしない、平和を創っていくという強い心をはぐくんでいくことは、本当に大切なことだと思います。
 
平和は世界に誇ることのできる財産です。日本が戦後69年間にわたって平和を守ってこられたのは、平和を守り、育てる多くの人々の真摯な努力があったからだと、改めて感じています。
 
まさに、平和とは与えられるものではなく、創るものなのだという気がしてならないのです。強い気持ち、積極的な心を持って、平和を創造していくことが、今、日本人には求められているように思うのです。
 
そのためには、まず、私たちが戦争の歴史や、平和の尊さを知ること、学ぶことが大切です。そして、私たちが、若い世代や子どもたちに語り継いでいくことも重要です。折に触れ、戦争の歴史を振り返り、若い世代に平和を考えてもらえるように語り掛けてみませんか。

 

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11 
川崎市長選挙

川崎を日本一にする男 福田のりひこ

2003年神奈川県議会に最年少議員として初当選。2007年2期目当選。税、医療・福祉、教育、環境などの分野を中心に各常任委員会、特別委員会の委員を務める。議会外では、全国の知事、市長、地方議員でつくる、政策提案や実績を競う「マニフェスト大賞」の08年度、09年度の実行委員長として奮闘。その後、神奈川県知事秘書、早稲田大学マニフェスト研究所客員研究員を経て、2013年川崎市長選で初当選し、2013年11月19日川崎市長に就任。川崎を最幸のまちにするべく市長として奮闘中!

 

川崎最幸ちゃんねる

 
活動ブログ
ご意見募集!!福耳ポスト
more info